古今宗教研究所 > 展示室 > 王仁倶楽部イラン訪問記

王仁倶楽部イラン・イスラーム共和国訪問記

(5)5月2日 シーラーズ、ペルセポリス/4

ペルセポリス 世界遺産(2)

東階段のレリーフ
東階段
東階段。献上品を携えた各属州の使節のレリーフが有名。

謁見の間
「アパダーナ(謁見の間)」

鏡の間
ダリウス1世のプライベートな宮殿「鏡の間」。

フラワシのレリーフ
フラワシのレリーフ。

牡牛とライオンのレリーフ

宮殿内のあちこちに見られる牡牛を襲うライオンのレリーフ。牡牛が冬を、ライオンが春を表し、季節の変化を象徴しているという説が有力。

前ページトップページ次ページ


2001.09.19
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.